旅行や違うエリアにいって気分をリフレッシュさせる

最高の思い出を

日常の生活の疲れで、温泉で疲れを癒すため温泉旅行を計画したりします。日本は世界的にみても温泉の多い国で有名であります。各地に有名な温泉もたくさんあり温泉好きな日本人にとっては、各地の温泉をまわる温泉旅行も楽しみのひとつであります。また、全ての温泉が同じ泉質ではないので、いろいろな泉質を体験することができます。

泉質には効能があるといわれていますが、泉質によって効能に違いがあります。よく耳にするのが硫黄泉です。入浴材でも匂いをしたことがある人もいますが、硫黄独特の匂いがします。硫黄は泉質が強いため皮膚の弱い人などには向いていませんが、高血圧や動脈硬化、疲れや冷え性に効能があります。他にも塩化物泉、含鉄泉、単純温泉、炭酸水素塩泉などたくさんあります。泉質の種類があるだけ効能も血圧から腰痛、婦人疾患、火傷など効能も豊富あり、旅行に行く前に温泉の効能も調べて行くと楽しみ方が違ってきます。

温泉に行くときに気をつけたいのが、利用方法などのマナーです。大浴場に近いので周りの人に迷惑をかけないように入浴するようにします。基本的なマナーが、入浴の前に身体を洗ってから入ることです。かけ湯をしないで入浴してしまうと温泉を汚してしまいます。次に、入浴する時にタオルを入れない事です。タオルには雑菌があるためそれを防ぐためです。最期に飛び込みをしないことと、小さな子供がいれば泳がせないことです。これらのマナーは、全ての温泉施設で共通することなので、特に初めて利用する人は気をつけるようにしましょう。